よく噛んで食べると消費カロリーが2倍だって

昨日の脂質異常のヒアリングで「野菜から食べていますか?」って聞かれ、自信を持って「はい」と答えましたが、間髪入れず、「よく噛まないと全く効果ありません」と言われてしまいました。

そこで「食べる順番ダイエット」と「よく噛む」ことでどんな効果があるのか調べてみました。

食事は、汁物→野菜などの食物繊維→たんぱく質→炭水化物(糖質)の順番で摂ること。

はじめに野菜を食べることで腸内での糖質の吸収を緩やかにして血糖値を上がりにくくするのが目的だそうです。先に食物繊維を食べることでおなかを満たせば炭水化物の量が少なくても満足するということらしいです。

先生が言われた「よく噛まないと全く効果ありません」というのは食物繊維を胃の中に送り込んだ後、ゆっくり時間をおいてタンパク質や糖質を入れないと、短時間では食物繊維もたんぱく質も糖質も同時に摂るのと同じだというのです。

「よく噛むこと」はさらに満腹中枢を刺激してくれるので少量でも満足するそうです。そして「噛むこと」で消費カロリーが増えるそうです。

若い頃の仕事柄、慌ててお昼をかきこんでいたので食事のスピードが他の人より早いようです。みんなでランチなどするといつも「早いねぇ」って言われます。

そんな癖も日頃気をつけることで直っていくのかしら??

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク